よくある質問

電気の購入をお考えのお客様へ

Q

販売先は公共施設だと聞いていますが、民間施設では電気を買えないのですか?
また、一般住宅では電気を買えますか?

open

A

事業開始2年目となり取扱い電力量の拡大が出来た事から、公共施設の一部に限っていた供給を、今夏より民間施設(高圧)の皆様にも供給受付をさせていただく事となりました。

供給させていただける条件等をご確認いただき、お見積もりフォームよりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

また、一般住宅への販売も将来的に検討してまいりますが当面は予定しておりません。

Q

やまがた新電力の販売する電力は、再生可能エネルギーの比率は何%なのですか?

open

A

やまがた新電力が発電事業者から直接調達する電力は、すべて山形県内の再エネ発電施設で発電されたものです。

ただし、太陽光発電や風力発電は時間帯や季節、気象状況などにより発電量が増減する不安定な電源のため、それだけでは電力が不足する場合が生じます。お客様に安定的に電力を供給するには、こうした不足分の電力を他の電力会社から別途調達しなければなりませんので、一定程度の非再エネ電力も扱うこととなります。なお、火力等を主な電源とする他の電力会社と比べれば、当社の再生可能エネルギーの比率(H28年度実績:約7割、H29年度計画:約8割)はかなり高いものになっております。

Q

料金メニューはどうなっていますか?

open

A

料金体系は、「基本料金」+「従量料金」となります。具体的な金額は、当社へお問い合わせください。なお、東北電力と個別契約をされている場合も、ご相談を承ります。

Q

やまがた新電力に契約を変更すると、新たに電線を引かなければならないのでしょうか?
また、停電が多くなる恐れはないのでしょうか?

open

A

東北電力が保有する送配電網を使うので、新たに電線を引くことはありません。また、電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。

Q

何らかの事情により、やまがた新電力が事業を停止したら電気の供給は止まってしまいますか?

open

A

やまがた新電力の事業停止により、ただちに供給が停止することはありません。新たな供給元が見つかるまでの間は、東北電力から供給を受けることになります。

電気の販売をお考えの発電事業者の皆様へ

Q

今後、新たに再エネを買い取る計画はありますか?

open

A

取り扱い電力の規模の拡大については、買い取った電力に見合った販売先の確保と合わせて、今後計画的に実施していく予定です。

今後の予定を含め買い取りの条件については、個別にご相談を承りますのでご連絡ください。

なお、買い取りの対象については事業性を確保する観点から一定規模以上(太陽光発電であれば1MW以上)を想定しており、一般家庭の太陽光発電の買い取りは予定しておりません。

↑

Page top